2019年03月22日

喝采!

湯の中であさりが開くように、
桜の花が ぽんっぽんっ。と音を立てて次から次へと
咲き始めています。

イチロー選手引退。。。
んん〜。。。 
長年イチロー愛を明言し続けた者としては
なんとも言い難い感慨を覚えます。
ただただ拍手喝采で讃えたい気持ちが9割。
1割は、春になればイチローが開幕を迎え、その年、一年を
駆け抜けて偉業を成し遂げる。そんな当たり前と思ってしまっていた
風景が本当は当たり前ではないんだよと告げられた現実に
打ちのめされる気持ち。

同じく、21日にこんなニュースも入ってきた。
ファッション界の女王、川久保玲氏が世界的なアワード
のひとつである「イサム・ノグチ賞」を受賞することとなった
そう。
ファッション界では未だ受賞者はいないそうで、今回が初。
同賞を受賞することとなった川久保氏は
「私はアーティストでも建築家でも、ましてやプロダクトデザイナー
でもありません。つねに存在しない新しい何かを生み出そうとし、
それをビジネスにしてきました。妥協なしに新しいものをつくることは
それほど受け入れられることではありません。つねに保守的な意見や
権威と闘う必要があるのです。私はこれからも、もっともっと闘い続けて
いきます。」とコメントを寄せたそうです。
年齢などナンセンスではあるけれど、とうに70を超えた巨匠が
まだ闘うエネルギーに溢れられちゃったら、それはもう、、なんというか
へこたれちゃいられないなと奮起。

ひたむきに野球道を貫いてきたイチロー。
ファッションに向き合い続けた川久保玲。
情熱は時としてやるせなさとの闘い。でも向き合う。強くなる。
頑張る人と自分へエールと喝采をやっぱり贈ろう。




  
posted by フリッカの友 at 11:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: