2016年01月26日

味わいと経年劣化

青空が、より一層の尖ったような冬の寒さを際立たせている
大寒週間です。

先日の私の自転車、無事手当をされて帰ってきました。
真新しいパーツと使い込んだボディとのギャップが
なんとも言えない哀愁を漂わせています。
この自転車に関してもそうなのかもしれないけれど、
経年劣化なんていう言葉に妙にひっかかる今日この頃です。
不思議なもので、場合によっては時が経つごとに
価値が高くなるものもあります。
その境はなんだろう。。。

自宅近辺で趣のある古い家が建て替えのためなのか
解体工事されているのをこのところ良く見かけます。
端から見ている限りでは、まだまだ余力を残している
家に見えるのだけど、壊さずにはいられない止むを得ない
事情があるのだろう。
だけど、そこにまたきっと新しい家が建って、その数十年後
また解体してそして新しい家が建つ。。を繰り返すのかなと
考えると妙に空虚な感覚に陥る。
ひとは何を求めているんだろう。

このテーマ、着地点を見失いそうになってきました。笑
コホン。えー、元に戻って、経年劣化。 
家も時が経てばガタが来るけれど、人はもっと確実に時が経てば衰える。
人に関しては人と人との繋がりも経年劣化がある。
親しかったものも時が経つと形を変え、離れていくものもある。

だけど、家、日用道具、人、人付き合い、それぞれ時が経ったものほど
味わいを増して、愛おしく思うものは無い。 
と、思う。
今、手にしているものはどんなものだろう。誰だったかな。
どの日々だっただろう。
きっと自分を形成しているもの全てなんだろう。
その全てを慈しみたい。
そして廻り回ってまた私のもとに現れたときそれはよく知っているけど
新しいものに変化しているんだろう。


ふう。仕事が立て込んでくると、いつも通りややこしいことを
考えては無駄な脳トレをしている気がする。
いやはや、この地球という星の確実に進んでいる
経年劣化のことを考えればおおよそちっぽけな四方山話に過ぎないな。
ウムウム。

IMG_0243.JPG


posted by フリッカの友 at 23:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: